E
D
HOME

〜日本橋・銀座・汐留〜
・マンダリンオリエンタル東京
・ザ・ペニンシュラ東京
・帝国ホテル
・ホテル西洋銀座
・ホテルモントレ銀座
・メルキュールホテル銀座
・三井ガーデンホテル銀座
・東京新阪急ホテル

・コンラッド東京
・ロイヤルパーク汐留タワー
・パークホテル東京


〜丸の内〜
・東京ステーションホテル
(休業中)
・ホテルメトロポリタン丸の内
・シャングリ・ラホテル東京
・フォーシーズンズホテル丸の内東京
・丸の内ホテル


〜赤坂・虎ノ門〜
・ホテルニューオータニ
・グランドプリンスホテル
赤坂
・キャピタル東急ホテル
(休業中)
・ANAインターコンチネンタルホテル東京
・ホテルオークラ

〜六本木〜

・グランドハイアット東京
・ザ・リッツカールトン東京

〜芝・浜松町・田町〜
・東京プリンスホテル&タワー
・ホテルインターコンチネンタル東京ベイ
・セレスティンホテル


〜品川・白金台〜
・ホテルパシフィック東京
・品川プリンスホテル
・グランドプリンスホテル高輪
・ザ・プリンスさくらタワー
・グランドプリンスホテル新高輪
・ストリングスホテル東京
・御殿山ヒルズホテルラフォーレ東京
・シェラトン都ホテル東京


〜新宿〜
・京王プラザホテル
・センチュリーハイアット東京
・ヒルトン東京
・パークハイアット東京
・小田急ホテルセンチュリーサザンタワー


〜目白〜
・フォーシズンズホテル椿山荘

〜渋谷・恵比寿〜
・セルリアンタワー東急ホテル
・渋谷エクセルホテル東急
・アリマックスホテル渋谷
・ウェスティンホテル東京


〜お台場〜
・ホテルグランパシフィックメリディアン
・ホテル日航東京


〜水道橋〜
・東京ドームホテル

〜御茶ノ水〜
・山の上ホテル

〜神楽坂〜
・アグネスホテルアンドアパートメンツ

〜その他〜

〜みなとみらい地区〜

〜舞浜地区〜



〜その他の地域の
素敵なホテル〜

・葛城北の丸
・軽井沢万平ホテル
・ザ・リッツカールトン大阪
・ウェスティン淡路
・志摩観光ホテルスイート



〜おまけ♪〜
・表参道ヒルズに近いホテル

・「キッザニア東京」に行くのなら
東京のホテル!泊ってみたいホテル36選
ホテル西洋銀座
ホテル西洋銀座
ホテル西洋銀座

ホテル西洋銀座
ホテル西洋銀座

〜ちょっと早い結婚記念日を「ホテル西洋銀座」でお祝い〜

今日はのび太くん(夫)と「ホテル西洋銀座」へお泊りです♪
ネットで予約を入れた後、ホテルへ直接TELをして《車で行く旨と車種》を伝え、さぁ〜準備万端!

〜「ホテル西洋銀座」のベルボーイさんは、ピカピカ笑顔〜

当日チェックイン2時にあわせて自宅を出発。 ホテルの車寄せに入ると、ベルボーイさんがとびきりの笑顔で迎えてくれました。
「○○様でいらっしゃいますね!お車お預かりいたします」
と、コチラが名乗る前に即座に対応。 「さすが〜 」と感心しつつ、その場で車から降り、荷物を渡すとエスカレーターへと案内してくれた。 しかし・・・・気付くとベルボーイさんがいない? 何処に言ったのかしら? と思っていたら、横の階段を駆け上り私達より先に2階で待ていてくれた! 
「すごっ!階段駆け上ってもピカピカの笑顔だ・・・」

さて、そこでコンシェルジュさんとバトンタッチ。ベルボーイさんとはここでお別れです。
大きな机(A)でチェックインの手続きを済ますと、担当してくれたコンシェルジュさんが部屋まで案内してくれました。

ホテル西洋銀座宿泊記 →昔「ハリーウィンストン」が
入っていた名残。
今でも宝飾類が飾られています。
ホテル西洋銀座
↑ロビー ホテル西洋銀座宿泊記 ←チェックインはこの
大きなデスクで

〜「ホテル西洋銀座」のスイートルーム〜

今回予約したのはちょっとフンパツして約59平米の「デラックスダブル」。 ところが、ドアを開けると何故かちっちゃなお部屋(B/C)。
「アレレ?ベットもないぞ?」と戸惑っているとコンシェルジュさんがいいました「スイートへアップグレードさせて頂きました」
「へぇ〜 なるほど!」

そんな訳で、お部屋は64平米のスイートになりました♪ 
一つ目の部屋はTV、オーディオ、クローゼット、冷蔵庫、ライティングデスクとソファーが置かれていました。 奥の扉を開けるとベットルーム(D)。 ココにもTVとオーディオ、ソファー、そしてシーリー社製の大きなフカフカベッド。 そしてまた扉を開けると、ドッレッサールーム(?)そしてここにもクローゼットと大きめの引き出し、金庫、それにドレッサーがありました(Eの奥)。 その隣は大きなバスルームです。 お手洗いが個室になっていないのはあまり好きではありませんが、真っ白で清潔感があり、清掃も行き届いた素敵なバスルームでした。

ざっと間取りを説明しましたが、最初の感想としては
《全部ぶち抜きで広々使いたかった》 
私としては、たまに利用するホテル。「広〜い!」と感嘆の声を上げたかった・・・・・
普通、ホテルで64平米あったらかなり広いはずですが、スイートにしてあるため細かく区切られ、おまけに家具を詰めすぎている感じがしました。 でも、時間を追うごとにこの部屋の良さが分かってきたんです。 
まず、のび太君がさっさと寝てしまったのですが、そんな時でも隣の部屋で何時まででもTVを見ていられたし、お風呂で鼻歌を唄っていても、全く迷惑になりません。 1人で夜中にルームサービスなんか頼んだりして、結構優雅〜。 無駄に広いぞ!と思ったドレッサールームも着替えをしたり、荷物を整理するのにとっても便利でしたし、クローゼットも「1個でいいのに」と思いましたが、冬なら入り口脇の部屋にコートなどをしまい、奥の部屋へは洋服や下着をしまえばいいのね!と実感。 なんか・・・まるで自分の家にいるような感じになってきました。 長期滞在するようなホテル上級者の方はこのような部屋を好むんでしょうね。 と、都会のスイートルーム初心者の私は思いました。

ホテル西洋銀座 ←ライティングデスク ホテル西洋銀座 ←この左手奥にベッドルーム。
このお部屋には、
クローゼットとTVと
ライティングデスクがあります。
→ベッドルーム。
足元にTVがあります。
でも、古いTVでしたね〜
ホテル西洋銀座 →ベッド脇のソファー。
奥がバスルーム手前のお部屋。
ドレッサー↓、クローゼット、チェスト、
金庫などがあります。
ホテル西洋銀座
ホテル西洋銀座 ←TVとオーディオ。
ちょっと古いでしょ〜
(2005年現在)
ホテル西洋銀座 ←ドレッサー。地味
→バスルームの洗面台。
広くって、真っ白で
キレイでした♪
ホテル西洋銀座 →浴槽から外を眺めた
感じ。
ホテル西洋銀座
ホテル西洋銀座 ←炭の置物。
ホテル近くの「炭ショップ」に
売っていました。
ホテル西洋銀座 ←シャワーブース。
手前にお手洗い。
その手前がバスタブになります。

〜ホテル西洋銀座のインテリア〜

さてインテリアですが、最近、新しいホテルばっかりに泊まっていたので、天井はちょっと低めに感じました。 ライティングデスクにはお花を生けた一輪挿しが置いてあり、ちょっと嬉しい気分です。 それからイワユル「お茶セット」は置いてありませんでした。 ベッドやTVボードはクラシカルな感じですが、色はちょっと薄め(私は濃い色の家具が好き)。 空調は気温と湿度を自分でコントロール出来るのですが、パネルがかなりアナログ。 TVもかなり古めでした。 オーディオはCD、MDが使用でき、音声はバスルームにも流れるので、一層優雅なバスタイムになりますね〜。 それから、いつもは窓の大きさにこだわるのですが、ココは場所柄眺めを期待していなかったので、充分な大きさだと思いました。 アメニティーは「レディープリムローズ」を使用と聞いていたのに、何故か・・・? シャンプーとバスフォームだけ「エトロ」でした。 気に入ったのはバスダブ脇に置かれていた「クリームソープ」。あっという間にモコモコ泡立つんですよ〜 そして、このバスルームの大きさは普通のお部屋でもほとんど変わらないようです。ただ、ここのホテルはほとんどの部屋が違う間取りで出来ているらしく、中にはお風呂に窓のあるタイプもあるようです。

ホテル西洋銀座 ホテル西洋銀座 ホテル西洋銀座 ホテル西洋銀座
なぜか、シャンプーとバスフォーム
だけ「エトロ」
ただの石鹸なんですが、
モコモコに泡だって
気持ちよかった〜
パジャマ?かなり地味・・・
トレーナー?みたいな感じ
ロゴは袋だけ。履き心地は
かなり普通。
→その他のアメニティー
ホテル西洋銀座 ホテル西洋銀座 ←バスローブ

〜「ホテル西洋銀座」目覚ましのモーニングコーヒー

さぁ 夜中1人でホテルの案内を読んでいると「モーニングコール」にドリンクサービスがあることを知り、早速TEL。 翌朝、起き抜けにバスローブのまま、バトラーさんが入れてくれた熱いコーヒーを飲むのは至福の時でした。
その後シャワーを浴びて朝食へ。 2Fにあるメインダイニングの「レペトワ」で頂きます。 私はビュッフェスタイルは苦手(朝から沢山食べられない)なので、着席していただく朝食が大好き! メニューは「アメリカンブレックファスト」で、バターと巣のままのハチミツがスコブル美味しかった〜  アレッ?褒める所間違ってない?と思われるでしょうか・・・・ ん〜卵の焼き方は素晴らしかったけど、味は普通(ちょっと厳しい意見かも)。ジュースとコーヒーも普通。それでも、雰囲気を含めて優雅なひと時を遅れ、気分は満足でした。


ホテル西洋銀座 ←モーニングコーヒー
&ジュース
バトラーさんがお部屋に
届けてくれました。
ホテル西洋銀座
→朝食出たハチミツ。
美味しかった!
ホテル西洋銀座 ↑レストラン「レペトワ」

ところで、コノ「レペトワ」の手前にあるバーラウンジ「プレリュード」は何時間でも過ごせるような居心地の良いスペースです。中でもソファー席に座ったらなかなか立ち上がれませんよ!(ちょっと大げさ) もし泊らなくっても是非利用してみて下さいね。 それと、1Fにはメンバーズバーがあります。 宿泊者はメンバーでなくても利用できるので、もし泊ったら利用したいところ・・・でも、今回行きそびれてしまったんですよね〜 とっても残念です。

その他、ホテル内に小さなフィットネスルームもありました。明らかに客室を改造したスペースですが、ランニングマシン2台、エアロバイク2台、色々に使えるマシン1台など、新しそうな機種が装備されていました。 本当は写真を撮りたかったのですが、大きな外人さんが3人、汗を流していたので諦めました。


〜「ホテル西洋銀座」意外にもアットホームな感じ〜

さて、全体の印象ですが、バーラウンジやロビーからゴージャスな客室を想像していましたが、若干違った印象をうけました。 先程も述べましたが、もっとアットホームな暖かい感じです。 そして、完璧でいながら暖かい対応のスタッフには脱帽でした! 
もしかすると、若い方よりも少しホテル慣れした方達が高い評価をするホテルかもしれません。


以上
2005/7宿泊

「ホテル西洋銀座」


〒104-0061
東京都中央区銀座1-11-2
Tel:03-3535-1111
Fax:03-3535-1110


全て参考表記です。詳細は必ずご自身で確認して下さい。







〜東京のホテル!泊まってみたいホテル36選〜
〜のんきな日常〜


H