HOME

〜日本橋・銀座・汐留〜
・マンダリンオリエンタル東京
・ザ・ペニンシュラ東京
・帝国ホテル
・ホテル西洋銀座
・ホテルモントレ銀座
・メルキュールホテル銀座
・三井ガーデンホテル銀座
・東京新阪急ホテル

・コンラッド東京
・ロイヤルパーク汐留タワー
・パークホテル東京


〜丸の内〜
・東京ステーションホテル
(休業中)
・ホテルメトロポリタン丸の内
・シャングリ・ラホテル東京
・フォーシーズンズホテル丸の内東京
・丸の内ホテル


〜赤坂・虎ノ門〜
・ホテルニューオータニ
・グランドプリンスホテル
赤坂
・キャピタル東急ホテル
(休業中)
・ANAインターコンチネンタルホテル東京
・ホテルオークラ

〜六本木〜

・グランドハイアット東京
・ザ・リッツカールトン東京

〜芝・浜松町・田町〜
・東京プリンスホテル&タワー
・ホテルインターコンチネンタル東京ベイ
・セレスティンホテル


〜品川・白金台〜
・ホテルパシフィック東京
・品川プリンスホテル
・グランドプリンスホテル高輪
・ザ・プリンスさくらタワー
・グランドプリンスホテル新高輪
・ストリングスホテル東京
・御殿山ヒルズホテルラフォーレ東京
・シェラトン都ホテル東京


〜新宿〜
・京王プラザホテル
・センチュリーハイアット東京
・ヒルトン東京
・パークハイアット東京
・小田急ホテルセンチュリーサザンタワー


〜目白〜
・フォーシズンズホテル椿山荘

〜渋谷・恵比寿〜
・セルリアンタワー東急ホテル
・渋谷エクセルホテル東急
・アリマックスホテル渋谷
・ウェスティンホテル東京


〜お台場〜
・ホテルグランパシフィックメリディアン
・ホテル日航東京


〜水道橋〜
・東京ドームホテル

〜御茶ノ水〜
・山の上ホテル

〜神楽坂〜
・アグネスホテルアンドアパートメンツ

〜その他〜

〜みなとみらい地区〜

〜舞浜地区〜



〜その他の地域の
素敵なホテル〜

・葛城北の丸
・軽井沢万平ホテル
・ザ・リッツカールトン大阪
・ウェスティン淡路
・志摩観光ホテルスイート



〜おまけ♪〜
・表参道ヒルズに近いホテル

・「キッザニア東京」に行くのなら
〜東京のホテル!泊まってみたいホテル36選〜
2007/02に改装を終えたばかりのクラブラウンジ。なら、せっかくなのでクラブフロアに泊ってみた〜イ!と、ザ・リッツカールトン大阪のクラブフロアへ行ってまいりました。 楽しかった〜♪
もちろんクラブフロアなんかに泊らなくても、とっても素敵なホテルです。 
ロビーはさほど広くはありませんが、暖炉があってとっても素敵。全体的に木材をふんだんに使っていて、シックで重厚感タップリです。ただそこで過ごすだけでも優雅な気分♪
出入り口は沢山あって、徒歩で行くと裏から入ってしまいがちですが、せっかくなので正面玄関にまわり、素敵なベルボーイさんに扉を開けてもらった方が良い気分♪です。でも・・・本当は高級車で乗り付けたかった・・・・(徒歩組)


→ホテル正面。 ザ・リッツカールトン大阪
1Fのチョコレートショップも有名。コレはチョコペースト。朝のパンに塗れば、ホテルの余韻を楽しめる・・? それは無理でも、幸せな味がします♪
ザ・リッツカールトン大阪
ザ・リッツカールトン大阪 ←フロント。 まぁここは普通かな ザ・リッツカールトン大阪 ↑ロビー
いい感じです

クラブフロアに宿泊するとチェックイン・アウトはクラブラウンジでお茶を頂きながら行います。
改装を終えたばかりなので、絨毯もソファーも新しくって気持ちいいです。 食器はリチャードジノリ〜をご使用でした。
なんか・・・クラブフロアに泊ると食べてばっかり! 3時にお茶して、食事の後に軽食つまんで、夜はワイン!でも本当のお金持ちはこんな欲張ったことしないんでしょうね・・・・
サービスの詳細は以下の通り
朝食 7:00〜10:30
お昼のご軽食 11:00〜14:00
アフタヌーンティー 14:30〜16:30
夕方のご軽食 17:00〜19:30
お休み前のお飲物 20:00〜22:00

ザ・リッツカールトン大阪
クラブフロアはルームキー
を挿さないと行かれません
ザ・リッツカールトン大阪
→ラウンジ入り口 ザ・リッツカールトン大阪
美味しいカプチーノでした。
食器はリチャード・ジノリ。

客室は41平米。1番ノーマルなタイプだと思います。白い壁にウッディーな家具とサモンピンクのカーテン。可愛い〜って感じですが、品の良いピンクなので男の人でもすんなり馴染めるインテリアです。 TVも薄型の・・・・・30後半から40インチぐらい・・・かな?
1番嬉しかったのは、客室のカップもジノリだったことかなぁ〜 些細なことだけど気分が全然違ってくるんですよね〜
パジャマやバスローブ、タオル等は特別心地良いわけでもなかったけど、まぁそれなりに使いやすかったです。 客室の改装も終えたばかりだったので、シミや痛んだ箇所などは一切なし! 気分良く過ごせましたよ♪


ザ・リッツカールトン大阪 ↓大きな机は仕事にも使いやす
そう。
ザ・リッツカールトン大阪 ↓全体はこんな感じ。
右手前にTVボードと
ズボンプレッサー
があります
↑客室は41平米。
ピンクの挿し色が可愛い
ザ・リッツカールトン大阪 ↑ターンダウン後。
ミネラルウォーターは1本
ザ・リッツカールトン大阪
ザ・リッツカールトン大阪 ←TVボードは大きいけど、TVは
ちゃんと薄型です。
右横にあるのは
ズボンプレッサー。靴磨きセット、
傘も備え付けられていました。
ザ・リッツカールトン大阪 ←クラブフロアだからでしょうか?
お部屋にこんなに一杯
雑誌が置いてありました。
→客室もジノリのコーヒーカップ。
これは嬉しいですね〜
お茶が美味しく感じちゃいます。
ザ・リッツカールトン大阪 →お茶もいっぱい!
スティックのお砂糖が素敵〜

アッサム・ダージリン・梅昆布茶
煎茶・ほうじ茶・ブレンド・モカ
クリーム・砂糖
ザ・リッツカールトン大阪
ザ・リッツカールトン大阪 ←パジャマとバスローブ ザ・リッツカールトン大阪 ←ロゴ入りスリッパ
履き心地は・・・普通

私達が泊まったのは東向きの客室。視界に大きなビルが入ってこないので見晴らしは抜群!です。ただ、昼間は普通の景色。でも、夜になると真下を走る国道を、まっすぐと上に伸びていく車のテールランプの景色が、なんだかとっても素敵でした。

ザ・リッツカールトン大阪 ザ・リッツカールトン大阪 ザ・リッツカールトン大阪
サイドテーブルの1段目
は、カーテンや照明の
コントロールパネル
東向きの客室からの景色。まっすぐ伸びる国道1号線を真下に見下ろせます。
昼間は、ち〜さく大阪城が見え、正面には生駒山も連なります。
客室扉付近

洗面所は真っ〜白で広々! 最近、新しいホテルがかなり頑張ってバスルームに力を入れているので、それを知っていると「普通」・・・になってしまいますが、一般的にはこれが最高級でしょう。

ザ・リッツカールトン大阪 ↓アメニティーは、アメリカ製のオリジナル。使い心地は普通。他にコットン、綿棒、歯ブラシ、ブラシ等々 ザ・リッツカールトン大阪 ↓バスソルト。乾燥肌の私が使っても、パサパサにならなかった。 ザ・リッツカールトン大阪
↑キンキラのロゴが目立ち過ぎ? ザ・リッツカールトン大阪 ↑洗面所はダブルシンク。写真で
見るよりずっと広い感じ。
右側にお手洗い。その手前にシャワーブース。左側がバスタブになっています。TVはなかったけど、音声だけは入ります。
ザ・リッツカールトン大阪 ↑シャワーブース

さて・・・・ラウンジですが・・・チェックインからアウトまで何回使ったでしょう?・・・・
まずオレンジジュースを飲みながらチェックイン。ティータイムにケーキとカプチーノを頂きながら、雑誌を読み読み1時間。その後外出し、夕食から戻ってラウンジで軽食を摘み、1度部屋に戻って再びラウンジへ、閉店までシャンパンとワインで寛ぎ、やっと「おやすみなさい〜」
翌日朝食をとって、一旦部屋に。その後チェックアウトしがてらラウンジでカプチーノを飲んで新聞を読み、根の生えたような重〜い腰をなんとか持ち上げて、
帰途に着くまで・・・計6回・・・・
帰り際、ホテルの方が
「ゆっくりお寛ぎになれましたか?」との声に
「は〜い。充分過ぎるほど寛ぎました♪」と心のソコから答えました。
従業員のサービスももちろん良かったし、ラウンジの食事もコーヒーも美味しかった。それから、種類は少ないけど夜の軽食も美味美味!
あと朝食のパンが美味しかった〜 特に香ばしいギッフェリはお薦めです。ロビー階のショップでも売っています。

ザ・リッツカールトン大阪 ザ・リッツカールトン大阪
ジュースと牛乳 右上が多分ギッフェリ

今回「クラブラウンジ」に泊ったことで、かなり満足度が高かく、充実感を覚えましたが、それだけの値段を払っているとも言えますね。ただ私は少し頑張ってもこのクラスの「クラブラウンジ」はお得であると思います(このホテルに関しては)。 ちょっと・・・・・クセになる心地良さでしたよ♪ 是〜非


以上!


全て参考表記です。詳細は必ずご自身で確認して下さい。




〜東京のホテル!泊まってみたいホテル36選〜

のんきな日常


ザ・リッツカールトン大阪
1997年5月開業
ザ・リッツカールトン大阪
2007/03