HOME

〜日本橋・銀座・汐留〜
・マンダリンオリエンタル東京
・ザ・ペニンシュラ東京

・帝国ホテル
・ホテル西洋銀座
・ホテルモントレ銀座
・メルキュールホテル銀座
・三井ガーデンホテル銀座
・東京新阪急ホテル

・コンラッド東京
・ロイヤルパーク汐留タワー
・パークホテル東京


〜丸の内〜
・東京ステーションホテル
(休業中)
・ホテルメトロポリタン丸の内
・シャングリ・ラホテル東京
・フォーシーズンズホテル丸の内東京
・丸の内ホテル


〜赤坂・虎ノ門〜
・ホテルニューオータニ
・グランドプリンスホテル
赤坂
・キャピタル東急ホテル
(休業中)
・ANAインターコンチネンタルホテル東京
・ホテルオークラ

〜六本木〜

・ザ・リッツカールトン東京
・グランドハイアット東京

〜芝・浜松町・田町〜
・東京プリンスホテル&タワー
・ホテルインターコンチネンタル東京ベイ
・セレスティンホテル


〜品川・白金台〜
・ホテルパシフィック東京
・品川プリンスホテル
・グランドプリンスホテル高輪
・ザ・プリンスさくらタワー
・グランドプリンスホテル新高輪
・ストリングスホテル東京
・御殿山ヒルズホテルラフォーレ東京
・シェラトン都ホテル東京


〜新宿〜
・京王プラザホテル
・センチュリーハイアット東京
・ヒルトン東京
・パークハイアット東京
・小田急ホテルセンチュリーサザンタワー


〜目白〜
・フォーシズンズホテル椿山荘

〜渋谷・恵比寿〜
・セルリアンタワー東急ホテル
・渋谷エクセルホテル東急
・アリマックスホテル渋谷
・ウェスティンホテル東京


〜お台場〜
・ホテルグランパシフィックメリディアン
・ホテル日航東京


〜水道橋〜
・東京ドームホテル

〜御茶ノ水〜
・山の上ホテル

〜神楽坂〜
・アグネスホテルアンドアパートメンツ

〜その他〜

〜みなとみらい地区〜

〜舞浜地区〜



〜その他の地域の
素敵なホテル〜

・葛城北の丸
・軽井沢万平ホテル
・ザ・リッツカールトン大阪
・ウェスティン淡路
・志摩観光ホテルスイート



〜おまけ♪〜
・表参道ヒルズに近いホテル

・「キッザニア東京」に行くのなら
ザ・ペニンシュラ東京



楽しみにしていたペニンシュラ東京♪ 泊って参りました〜♪
今回の相棒も・・・「仲良しのCちゃん♪」。のび君(オット)ではありません。
一番お手頃なスーペリアはダブルしかないというので、ちょっと奮発してデラックスルームにしました。
*スーペリアのツインは全てバリアフリータイプだそうです。

ココは場所が良いですよ〜 JR有楽町の駅前で、線路の向こうはマリオンや丸井、そのまた向こうは銀座です。
地下鉄も、もちろん直結です。
多分・・・ですが、都営三田線、日比谷線、千代田線の日比谷駅はかなり近い位置にあると思います。あまり地下鉄の日比谷駅は利用しないので・・・今度調べておきますね。
(日比谷線は間違いなく近かったです。)

ザ・ペニンシュラ東京 ザ・ペニンシュラ東京 ザ・ペニンシュラ東京 ザ・ペニンシュラ東京
エレベーターホールから。
まん中の吹き抜けが上から下まで
コンナになってます
ロビー。案外・・・狭い
フリーのスペースは、中央の部分だけ。
ロビーのオブジェ。竹の作品。
館内全体にj竹細工が多い
車寄せ

さて!取り敢えず最初は正面玄関にまわりましょう。JRから行くと、駅寄りではなく遠い方の入り口になります。エントランスは・・・・・
んっ〜  そんなに広くないですね〜  
ロビーは〜?
・・・あれっ?やっぱりあんまり広くないですね・・・・・
今回、久しぶりの「一棟まるごとホテル」ということで、広々としたエントランスや「ロビーでのんびりスペース」を期待していたので・・・若干残念です。もっとも、敷地面積を考えると無理な話なのかもしれません。
こうなると・・・マンダリンの「ちいさなロビー」なんか、逆に「贅沢なスペース」と、考えを新たにしないといけないのかもしれませんね。

ザ・ペニンシュラ東京 ←ペニンシュラの客室♪
ベッドから撮影。
このリビングスペースが大事〜
TV左側がデスク。館内用携帯とか、
TELとかFAXが置いてあります。
右側は、お茶セット
ザ・ペニンシュラ東京
→ベッド。
ふっわふっわでした♪
ザ・ペニンシュラ東京 ↑寝室の入り口付近から撮影。
ソファー横の茶色い
棒は、スタンド。↓
ザ・ペニンシュラ東京 →スタンドと言うより、読書灯かな? ザ・ペニンシュラ東京
↑ラブソファー ザ・ペニンシュラ東京 ←夜はコンナ感じ
ミネラルウォーターは
ヴィッテル
ザ・ペニンシュラ東京 みかん・・・本当は3つありました

ザ・ペニンシュラ東京

右手側の景色はもう少し良かったけど、
正面はこんな感じ。
中央の茶色の建物は帝国ホテル本館
左側の白い建物は日比谷シャンテ
ザ・ペニンシュラ東京
窓際のテーブル

ロビーなどにケチを付けましたが、「広い」事を勝手に期待していた私個人の感想ですので、あまり気にしないでください。
一方、客室は大変に心地よかったです。

客室は54平米(デラックスルーム)。扉を開けると、右手に大〜きなドレッサールーム。もったいないぐらい大きいです。
そして左手には美しい〜バスルーム。&奥がベットルームです。

今回、客室内の居心地はかなり良い印象でした。
その1番が写真にもあるちいさなソファーです。
今までどんなに素敵な広々としたお部屋でも、体をリラックスさせるのはベットに寝っころがってゴロゴロ・・・するしかありませんでした(スイートは別です)。ソレはソレでいいのですが、やっぱりソファーがひとつで居心地が違ってきます!座ってのんびりTVも見られるし、コーヒーも美味しく感じるし、ソレこそゴロ寝も出来ます♪ とにかく滞在中このソファーにいる時間が長かった。
ただ・・・多少部屋がゴチャゴチャしてしまうのは否めません。リッツやマンダリンのように「広〜い♪」って感じはなくなってしまいますね。それでも、「落ち着ける」という意味で抜群でした!

眺めに関しては、場所柄と高さがあまりないので、それ程よくはありません。それでも一応晴海通り側をリクエストしておいたので、視野としては広がっていました。もし、逆サイドだともっとビルが近いのではないかと思います。
眺めは3方向あります。残りのもうひとつは皇居側。こちらはいい眺望が望めそうですが・・・高いお部屋しかないみたいですね。
間取りはホテルのホームページに載っていますので参考にして下さい。


ザ・ペニンシュラ東京 日本茶セット。
六本木のグランドハイアットもこんな
感じのものがありました。
ザ・ペニンシュラ東京
ザ・ペニンシュラ東京 エスプレッソマシーンがあります!
最初、使い方が分らなかった〜
丸いカセットをセットして、
ガチャってはめて使うアレですよ。
ザ・ペニンシュラ東京
ザ・ペニンシュラ東京 大きな1枚板のドア。
扉として、あってもなくても
イイような気がしますが、
夜中に1人でシャワー浴びたり
する時は必要。
ザ・ペニンシュラ東京
→網代編みの天井
・・・素敵
ザ・ペニンシュラ東京 ←日本家屋でよく見かけますが、
洋間にあると違った美しさ。
ザ・ペニンシュラ東京 ペニンシュラのお風呂♪
美しかった・・・・
ホレます
ザ・ペニンシュラ東京
ザ・ペニンシュラ東京 右と左側にそれぞれシンク ザ・ペニンシュラ東京
ザ・ペニンシュラ東京 ←お風呂からTVを見ると、
こんな感じかな?

→このシャワーが便利でした。
座ったままで使えます♪
リモコンの「SPA」を押すと、TVが
消えて、照明がおちて・・・
のほほんミュージックが流れます。
ザ・ペニンシュラ東京

備品についてですが、エスプレッソマシーンが備わっているのは初めてでした。
ところが、途中エラーが・・・・・
ルームサービスに聞いてみると、水が無くなっていたみたいです・・・・でも、水を補給してくれて分ったのは、中身は「ヴィッテル」だってこと! 
だからって訳じゃないけど・・・ なかなか美味しかった〜

それから、お風呂ですが・・・気持ちよかったですよ〜
座ったまま使えるシャワーも優秀だし、照明の感じも素敵でした。シャワーブースに関しても、小さな踏み台?のような椅子のような場所があって、それが案外便利。足を洗うのに乗っけてみたりネ。

ドッレサールームは《広いっ!》の一言。 こんなに広い必要もないけど、、、でも広ければ広いなりに着替えに使えたり、なんとなく優雅になれることも事実♪マンダリンにしても、リッツにしても着替えはバスルームでしたからね。

ザ・ペニンシュラ東京 ドレッサールーム。
広〜いの! 
とっても嬉しいスペースでした。
贅沢〜
ザ・ペニンシュラ東京
→浴衣
かなり、渋い生地ですね。
似合えば・・・カッコイイ。
ザ・ペニンシュラ東京 ↑右側のバーの下の扉は
バレーボックス。
新聞とかココに入れてくれます。
ザ・ペニンシュラ東京 ←電話の上の扉が金庫。
→電話台の側面のコントロールパネルに
ネイルドライヤー
ザ・ペニンシュラ東京
→金庫は普通です。が・・・
ザ・ペニンシュラ東京 ↓金庫の中にあった、ジュエリーボックス。
コレがかなり重宝!
ザ・ペニンシュラ東京
←このコントロールパネルは
寝室のですが、客室中いたるところに
こんなパネルがありました。
「57」は湿度の設定。
ザ・ペニンシュラ東京

さて、プールは宿泊者無料、ロッカーも無料で貸してくれます。
見た目・・・だけで言えば、マンダリン(ロッカー有料)やコンラッド(有料)の方が素敵です。でも、タダってことも大事でしょ!
オープンデッキのベットは2台。平日なので、OLさんやサラリーマン方を見ながらボーっと出来ました。
・・・・コレはちょっとした優越感〜


ザ・ペニンシュラ東京 プール。宿泊者は無料 ザ・ペニンシュラ東京
→デッキからの景色 ザ・ペニンシュラ東京
オープンデッキ。夜もなかなか素敵
ザ・ペニンシュラ東京 更衣室。キレイ〜
多分、SPAと同じ化粧品
が置いてあります。
ザ・ペニンシュラ東京



余談

スリッパを取り替えてくれるのは、ペニンシュラが初めてかなぁ?
最初の1足。ターンダウンで1足。プールになぜか2足ありました〜 まぁ、履き心地としては普通ですが。
それから、コントロールパネルがやたら沢山あった気がします。
全体として内装や景色に派手さはないけれど、落ち着きのある良いホテルでした。
逆にインパクトを求めるのなら、高層で全面ガラス張りのマンダリンや、東京タワーを見ながら過ごせるリッツなんかが素敵かも!

リッツ・ペニンシュラ・マンダリン。コレが新しい御三家になるのかな?
それとも・・・パークハイアットがその中に残るのかな?パークハイアットは泊ったことがないので、なんとも言えませんが・・・



以上!

ザ・ペニンシュラ東京

〒100−0006東京都千代田区有楽町1−8−1
Tel:03 6270 2888
Fax:03 6270 2000

全て参考表記です。詳細は必ずご自身で確認して下さい。




東京のホテル!泊まってみたいホテル36選
〜のんきな日常〜

ザ・ペニンシュラ東京

2007/10

東京のホテル!泊まってみたいホテル36選